大阪府大阪市城東区今福東1-14-11-6階

誰でも簡単WEB予約
MENU

医療機関の皆様へ|大阪市城東区今福東の眼科・皮膚科【みらい眼科皮フ科クリニック】

医療機関の皆様へ

Medical institutions

医療機関の皆様へ|大阪市城東区今福東の眼科・皮膚科【みらい眼科皮フ科クリニック】

医療機関の皆様へ

Medical institutions

眼科に関して

当院は、眼科疾患約9割に対応する眼科ワンストップ診療を掲げるクリニックです。
手術加療、レーザー治療、硝子体内注射、ボツリヌス注射、蛍光眼底造影検査等の特殊検査など、幅広く対応させていただきます。
手術に関しては全例日帰り手術、低濃度笑気ガス麻酔併用局所麻酔です。

対象疾患について

水晶体疾患
白内障(難症例、亜脱臼症例含む)、眼内レンズ脱臼症例に対するIOL強膜内固定術
硝子体手術適応疾患
裂孔原性網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血、増殖糖尿病網膜症など(注)1,2
抗VEGF硝子体注射
加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜・黄斑症、血管新生緑内障
緑内障手術
POAG、落屑症候群、続発性緑内障、ステロイド緑内障に対し、suture trabeculotomy ab internoを行います(注)3
斜視
15歳以上を対象に鎮静局麻下で行える斜視手術を行います(注)4
ボツリヌス治療
半側顔面けいれん、本態性眼瞼けいれん(注)5
眼瞼疾患・涙道狭窄症
眼瞼下垂、眼瞼内反症、鼻涙管チューブ挿入術(注)6
オルソケラトロジー
ブレスオーコレクト、マイエメラルドを取り扱っています。低濃度アトロピン点眼も併用いたします。(注)7
ICL
STAAR 社製の光学部中央に孔のあいたHole ICL(KS-AquaPORT®)を使用します。(注)7
(注)1
全身麻酔の体制がございませんので、重度の認知症の方は対応できませんのでご了承ください。
(注)2
核落下や術後眼内炎、急ぐ網膜剥離など、当日中に手術すべき緊急疾患は、事前に、受け入れ可能か確認のお電話をいただくようお願いいたします。
(注)3
当院では繊維柱帯切除術(trabeculectomy)は施行しておりません、必要な場合には後送施設に紹介させていただきます。
(注)4
全身麻酔の体制がございませんので、15歳未満や大量後転を伴う症例には対応できませんのでご了承ください。その際は兵庫医科大学病院へ紹介させていただきます。また、斜視専門外来は第1・3水曜日午前ですが、完全予約制です。お手数をおかけしますが、お電話にてご予約のほどよろしくお願いいたします。
(注)5
ボツリヌス治療外来は第3金曜日午後ですが、完全予約制です。お手数をおかけしますが、お電話にてご予約のほどよろしくお願いいたします。
(注)6
眼形成・涙道外来は第3月曜日午前ですが、完全予約制です。お手数をおかけしますが、お電話にてご予約のほどよろしくお願いいたします。また、涙道鼻腔吻合術は現時点では対応しておりません。
(注)7
自費診療になりますので、患者様にその旨をお伝えください。

皮フ科に関して

皮フ科専門医による一般皮膚科診療を行います。月水金の午前中のみの担当ですが、患者様によりそった治療を心がけます。
また土曜日隔週で、兵庫医科大学から応援ドクターが来ていただけます。
特に第4土曜日は兵庫医科大学主任教授 金澤先生が来られますので、診断や治療に悩まれる症例はぜひご紹介ください。

当院の地域連携の方針

Policy of regional cooperation

治療後は、速やかに紹介元の医療機関へ戻っていただけるように努めます。
眼科に関しては、白内障手術後はもちろんのこと、ご希望があれば、硝子体手術後の患者様でも、早期にご紹介元医院で経過観察をしていただくことが可能です。ご紹介の患者様の受診回数を減らすために、初診時に出来る検査は可能な限り当日に施行します。
また、早期の治療介入が必要と判断した場合、硝子体注射等は初診当日もしくは数日内に施行します。
硝子体注射後の診察は基本的に紹介元の先生方にお願いしております。
また、治療方針決定やfollow upをご自身でされる場合は、硝子体内注射のみ当院で施行することも対応可能でございます。
その他、蛍光眼底造影検査、OCTAなどの特殊検査のみの対応も承ります。